株の初心者から上級者

株なしで自分で会社を設立することができるぐらいのお金をあなたが所持していたとして、それをすべて会社にかけたとします。

たとえば会社にかかるお金というのが、2000万円ぐらいかかるとして、それだけのお金をあなたが持っていたとします。

そのときに、会社をやっていきますが、不景気などで会社がつぶれたとしましょう。

そうすると、その2000万円というのはもちろん返ってきませんし、倒産してしまったときのリスクというものは計り知れません。

しかし株という形でその会社の利益をほかの人に譲渡し、またその見返りとしてお金を融資してもらった場合は違います。

たとえば、1000万円しか自分が持っていなくて、ほかの人たちに1000万円を融資してもらうという形で株を渡します。

そうすると、確かに会社をやって言っている間は、その人たちに利益の何%を支払っていかなくてはいけませんが、会社が倒産したときは、1000万円だけ失うだけで大丈夫になるのです。

株として会社の利益を譲渡するとうことは、その株主の人は、お金と交換で株を買ったということになるのです。

ですから、企業の人はそのお金を株主に返さなくてもいいわけなのです。

初心者の人にとって見たらこのあたりが少し難しい点になってきますが、徐々に初心者から上級者に上がるにつれてわかってくるかと思います。

ですから、株主というのは1人がそのすべての株を持っているというわけではなく、たくさんの人が持っていることが多いのです。